メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

50歳過ぎ会社員から指揮者に 79歳が語る「第1の人生」2度目

ルーマニア国立ヤシ歌劇場管弦楽団を指揮する中島良能さん=中島さん提供

 50歳を過ぎて音楽大に入学してプロの指揮者になり、まもなく80歳を迎える男性がいる。かつては大手コンピューター会社に勤めていた、神奈川県藤沢市の中島良能さん(79)。若々しい立ち姿と美しい動きでタクトを振り続けている。【石塚淳子】

 中島さんは兵庫県芦屋市出身。小学校6年生の時、自分の意思でバイオリンを習い始めた。高級住宅街として知られる芦屋だが、中島さんが育った家庭はそれほど裕福ではなかったという。息子の熱意を知る母親が、近所の家からバイオリンを借りてくれた。

 中学からはブラスバンドでトランペットも吹くことになり、高校まで音楽に親しんだ。しかし、学費が高い音…

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1166文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです