火災現場で消火活動中の消防隊員が滑落死 和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
和歌山県警本部=黒川晋史撮影
和歌山県警本部=黒川晋史撮影

 和歌山県警は26日、同県かつらぎ町新城の山林火災で消火活動をしていた伊都消防組合の消防司令補、道浦一樹さん(48)=同県九度山町=が山中の斜面を約70メートル滑落して死亡したと発表した。道浦さんは同日午後2時45分ごろに滑落し、ヘリコプターで病院に運ばれたが、死亡が確認された。

 火災は25日午後2時半ごろに発生。別荘…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文268文字)

あわせて読みたい

注目の特集