メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ついに日本から消えゆく名クロカン「三菱パジェロ」が残した功績とは

情報提供:カートップ

ついに日本から消えゆく名クロカン「三菱パジェロ」が残した功績とは

豊富なバリエーションで多くのユーザーに魅力を訴求

 一時代を築いた三菱のパジェロがついに2019年8月をもって、国内向けの生産を終える。海外向けは継続されるが、三菱だけでなく、日本を代表するクロカンでもあっただけに、非常に残念だ。今一度、その功績を振り返ってみよう。

パジェロ

 初代が登場したのは1982年のこと。それ以前にパジェロジープやパジェロIIというコンセプトカーが発表されているが、市販車とコンセプトは共通するものだった。このコンセプトこそが斬新で、それまでは4WD車といえば、産業用など仕事の道具という要素が強かった。それに対して、パジェロは無骨さをうまく残しながらも、ワイドボディやスーパーエクシードなどの豪華グレードも用意して、乗用車ユーザーにも強くアピールしたのは特筆すべき点だ。

パジェロ

 ちなみにライバルだったトヨタ・ランドクルーザーはこの当時、もう少し無骨なイメージで一線は画していた。しかし、パジェロは乗用車ライクなワゴンのみ。それに3ドアのショートボディをラインアップしていたのも、パジェロの強みと言っていい。また、2代目で登場した、Jトップと呼ばれるオープンモデルもランクルにはないバリエーションだった。

パジェロ

 そしてエンジンのバリエーションもじつに豊富だった。豊富すぎて、すべて紹介するのは難しいほどだが、ガソリン、ディーゼルともに名機揃い。たとえばガソリンでは3.5リッターV6はとてもパワフルかつトルクフル。かなりハイレベルな走りを楽しむことができたし、そもそもクロカンといえば、ディーゼルというのがお決まりなのに、ガソリンもしっかりと豊富にラインアップしていたのはパジェロの特徴でもある。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです