メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

選手村マンション「買い」か 東京五輪のレガシー 眺めはいいけど… 駅から遠い、入居まで4年

晴海フラッグのモデルルーム。リビングは広く、東京湾を一望できる(眺望はイメージ画像)=東京都中央区晴海で2019年5月7日、宇田川恵撮影

 まだ開幕まで1年以上あるというのに、早くも東京五輪・パラリンピックの「閉幕後」に熱い視線が注がれている。選手村を改築する分譲マンションの販売が7月から始まるのを前に、4月末にオープンしたモデルルームが連日、見学者で大にぎわいなのだ。六本木ヒルズなどを超え、日本一有名になるかもしれないこの物件。買いか否かを調べてみた。【宇田川恵】

 「うわあ、これホテルのラウンジじゃないですよねえ」。思わずそう叫んでしまった。東京都中央区晴海の選手村近くに開設されたモデルルーム。広々としたリビングからは東京湾が見渡せる。天井は2・5メートルと高く開放感があふれる。バルコニーに出てみると、奥行きは2~2・5メートル。のんびり読書やランチが楽しめそうだ。

この記事は有料記事です。

残り2535文字(全文2855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです