メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

選手村マンション「買い」か 東京五輪のレガシー 眺めはいいけど… 駅から遠い、入居まで4年

晴海フラッグのモデルルーム。リビングは広く、東京湾を一望できる(眺望はイメージ画像)=東京都中央区晴海で2019年5月7日、宇田川恵撮影

 まだ開幕まで1年以上あるというのに、早くも東京五輪・パラリンピックの「閉幕後」に熱い視線が注がれている。選手村を改築する分譲マンションの販売が7月から始まるのを前に、4月末にオープンしたモデルルームが連日、見学者で大にぎわいなのだ。六本木ヒルズなどを超え、日本一有名になるかもしれないこの物件。買いか否かを調べてみた。【宇田川恵】

 「うわあ、これホテルのラウンジじゃないですよねえ」。思わずそう叫んでしまった。東京都中央区晴海の選手村近くに開設されたモデルルーム。広々としたリビングからは東京湾が見渡せる。天井は2・5メートルと高く開放感があふれる。バルコニーに出てみると、奥行きは2~2・5メートル。のんびり読書やランチが楽しめそうだ。

この記事は有料記事です。

残り2535文字(全文2855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです