メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

与謝蕪村筆 「新緑杜鵑図」 葉音鳴らす初夏の風

東京国立博物館の位置

 さわやかな緑の木立の向こうに山々がかすみ、ふと視線を手前のこずえに戻すと、1羽のホトトギスが横切る。与謝蕪村は「新緑杜鵑(とけん)図」で、夏の予感の一瞬を見事に捉えた。わずかな光沢の絹地を使っているためか、画面に満ちる日の輝きは静か。見る者の空想の耳が、初夏の風にゆれる葉音を聞くことを邪魔しない。

 空間の構成がおおらか。「春の海終日(ひねもす)のたり〓哉(かな)」「菜の花や月は東に日は西に」をはじめ、俳人としてのびのびとした句を残した蕪村の面目躍如。急降下するホトトギスのスピード感は、「ほとゝぎす平安城を筋違(すじかい)に」の鋭い印象につながるかもしれない。精巧な写実をこれみよがしに誇るのではなく、ふんわりとした、とらえどころのない余白も描けたのは…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  5. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです