メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無法ドローン

横行 個人利用増、外国人「規制」知らず 安全対策、道半ば

 小型無人機「ドローン」のルールを守らない飛行の摘発や事故が増えている。飛行禁止区域と知らずに趣味で飛ばす個人ユーザーが多い一方、悪質なケースもある。国会で規制を強化する航空法改正案が審議中で、安全対策はまだ道半ばだ。摘発も増えており、警視庁は27日、1人を逮捕、3人を書類送検したと発表した。【松本惇、金森崇之、小田中大、佐々木洋】

 天皇陛下の代替わりに伴い警備が強化されていた2日夜、警視庁の機動隊員が皇居周辺でドローンのような飛…

この記事は有料記事です。

残り1092文字(全文1309文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです