メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

望海風斗 宝塚雪組トップ、「壬生義士伝」で吉村貫一郎役 芯を持ってあるべき姿を

雪組公演「壬生義士伝」で主演するトップスターの望海風斗=兵庫県宝塚市で、梅田麻衣子撮影

 31日に宝塚大劇場で開幕する浅田次郎原作の「壬生義士伝」で、新選組隊士、吉村貫一郎を演じる。剣の達人だった吉村は貧困に苦しむ家族のため、故郷の南部藩に妻のしづ(真彩希帆(まあやきほ))を残し、新選組に入隊する。吉村について「自分の周りを大切に思う、一番人としてあるべき姿をもっている人。そうした姿は現代にも通じると思う」と話す。とはいえ吉村は、家族を思うが故に、人を斬らなければならない。「斬る相手にも家族がいるので、そうした矛盾に苦しみもあると思う。芯を持って演じたい」と意気込む。

 「壬生義士伝」は2000年代初頭に映像化され、テレビドラマは渡辺謙、映画では中井貴一が吉村を演じた…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1070文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火
  5. なぜ暴言を繰り返す物議男が英首相になるのか ジョンソン氏を読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです