メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
トーク

望海風斗 宝塚雪組トップ、「壬生義士伝」で吉村貫一郎役 芯を持ってあるべき姿を

雪組公演「壬生義士伝」で主演するトップスターの望海風斗=兵庫県宝塚市で、梅田麻衣子撮影

 31日に宝塚大劇場で開幕する浅田次郎原作の「壬生義士伝」で、新選組隊士、吉村貫一郎を演じる。剣の達人だった吉村は貧困に苦しむ家族のため、故郷の南部藩に妻のしづ(真彩希帆(まあやきほ))を残し、新選組に入隊する。吉村について「自分の周りを大切に思う、一番人としてあるべき姿をもっている人。そうした姿は現代にも通じると思う」と話す。とはいえ吉村は、家族を思うが故に、人を斬らなければならない。「斬る相手にも家族がいるので、そうした矛盾に苦しみもあると思う。芯を持って演じたい」と意気込む。

 「壬生義士伝」は2000年代初頭に映像化され、テレビドラマは渡辺謙、映画では中井貴一が吉村を演じた…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1070文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです