メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅 世界が広がると強くなる

 ◆クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅(2018年、仏・ベルギー・インド)

 インドの大道芸人アジャ(ダヌーシュ)は、会ったことのない父親を探しに、亡き母の遺灰と共にパリへ旅立ちます。しかしお金がなく、インテリア店のクローゼットの中で一夜を過ごすことに。あろうことかその家具が英国に出荷されてしまったことから珍道中が始まります。「箱入り娘」ならぬ箱に入って旅をした青年は、恋をし、危険な指令をこなし、さまざまな人と出会うことで人生が変わり始めます。

 アジャが出会ったのは他人だけでなく、自分自身でもありました。「自分探し」を気取ったわけではありません。そんな余裕はなく、彼はただお金が欲しかった。お金さえあれば幸せになれると思っていました。けれどもあるきっかけで、その考えを見つめ直すことになります。「お金持ち」という条件付きの幸せが、「お金がないままで」という条件ナシの幸せに変わったのです。このままの私でいいと思えたことで、彼の世界は広がりまし…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 夜の銀座クラブ出入り 与党、疑われる本気度 コロナ対策 野党、批判強める

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 入院希望でもホテル行き 糖尿病のコロナ感染者が感じた大阪の医療崩壊危機

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです