メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅 世界が広がると強くなる

 ◆クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅(2018年、仏・ベルギー・インド)

 インドの大道芸人アジャ(ダヌーシュ)は、会ったことのない父親を探しに、亡き母の遺灰と共にパリへ旅立ちます。しかしお金がなく、インテリア店のクローゼットの中で一夜を過ごすことに。あろうことかその家具が英国に出荷されてしまったことから珍道中が始まります。「箱入り娘」ならぬ箱に入って旅をした青年は、恋をし、危険な指令をこなし、さまざまな人と出会うことで人生が変わり始めます。

 アジャが出会ったのは他人だけでなく、自分自身でもありました。「自分探し」を気取ったわけではありません。そんな余裕はなく、彼はただお金が欲しかった。お金さえあれば幸せになれると思っていました。けれどもあるきっかけで、その考えを見つめ直すことになります。「お金持ち」という条件付きの幸せが、「お金がないままで」という条件ナシの幸せに変わったのです。このままの私でいいと思えたことで、彼の世界は広がりまし…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです