メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上方落語若手噺家グランプリ

9人で決勝戦 来月24日・大阪

第5回上方落語若手噺家グランプリ決勝戦に出場する(前列左から)桂華紋、桂雀太、笑福亭喬介、(後列左から)露の紫、桂小鯛、桂二葉=大阪市北区で、山田夢留撮影

 個性豊かな若手落語家が白熱した戦いを繰り広げる「上方落語若手噺家(はなしか)グランプリ」決勝戦が、来月24日、大丸心斎橋劇場(大阪市中央区)で開かれる。決勝初出場から常連まで9人が、今年もそれぞれ磨きをかけたネタで優勝を目指す。

 今年で5回目。芸歴4年目から18年までの若手36人が、4月の予選に出場した。決勝出場者と演目は、桂華紋(かもん)「阿弥陀池」、桂佐ん吉「盗人(ぬすっと)の仲裁」、桂二葉(によう)「真田小僧」、露の紫「手向け茶屋」、桂雀太「粗忽長屋(そこつながや)」、笑福亭喬介(きょうすけ)「七度狐(ぎつね)」、桂三四郎「かずとも」、桂小鯛(こだい)「二日酔い」、笑福亭べ瓶(べ)「相撲場風景…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです