メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気温

早くも夏、道民驚き 熱中症に注意呼びかけ JR運休や自然発火も /北海道

帯広駅前の温度計を暑そうに見上げる人たち=北海道帯広市で、竹内幹撮影

 26日の道内は、上空に真夏並みの暖気が流れ込み、道東ではフェーン現象も加わり、記録的な暑さとなった。佐呂間町では平年より20度以上も高い39・5度を観測、足寄町、池田町、帯広市で最高気温が38・8度となった。道内で5月に35度を超えるのは観測史上初めてで、計44地点で「猛暑日」となった。熱中症とみられる症状で搬送される人も相次ぎ、うち清水町内でゴルフをしていた男性(36)が死亡した。

 札幌管区気象台によると、午後4時現在で30度を超えたのは道内173観測地点のうち107地点に上り、…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文657文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 参院選、投票率前回下回る 22日未明に大勢判明
  4. 参院選投票日にあたっての各党の声明 全文
  5. 吉本・岡本社長 22日に会見 宮迫さんらの会見受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです