メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「宇宙」参入企業支援 拠点化事業に5社応募 市場規模拡大を想定 /茨城

昨年12月に開催された「いばらき宇宙ビジネスサミット」=茨城県提供

 県が宇宙に関連する企業の誘致や育成に力を入れている。昨秋から「宇宙ビジネス」への参入希望の企業を支援する事業を始め、これまでに5社の応募があった。県は、つくば市にある宇宙航空研究開発機構(JAXA)などと連携して宇宙産業の拠点化を進めたい考えだ。【鳥井真平】

 昨年12月、県はつくば市で「いばらき宇宙ビジネスサミット」を開いた。支援事業の存在を広く知らせるためで、大井川和彦知事も参加。企業関係者約200人が参加し、宇宙ビジネスの将来性を議論した。

 この会合では、各社のエンジニアを対象に、人工衛星の観測データの活用法も講義した。たとえば、地形や気…

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. GSOMIAは継続 韓国が日本に伝達 政府関係者明らかに

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです