メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の#埼玉

コミュニティー放送パーソナリティー 発するFM(三芳町) 宮越麻里杏さん(41) /埼玉

宮越麻里杏さん

演劇との懸け橋に

 京都出身で、17歳の時、母から「人間修行をしなさい」と言われて演劇の世界に。東京の伊藤正次演劇研究所に入り、すっかりはまってしまって。当時一番好きだったのは岸田國士先生の「葉桜」。これから嫁ぐ19歳の娘と母、2人の芝居で。私の母も「自立してほしい」という気持ちもあったんでしょうね。そんなことを照らし合わせながら役作りをしていました。

 10年ほどで研究所の仲間と5人で劇団を始め、その3年後に結婚して志木に来ました。いったん芝居から離れたんですけど、声を使う仕事をやらせていただいているうち、こちらの局にお声掛けいただいて、開局時から番組を持たせてもらっています。関西人なので「マリアの浪花節だよ人生わお」というコーナーや「マリアの召し上がレシピ」などのコーナーで、ずっと関西弁でしゃべってる感じです。

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです