メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境作りイベント

自然再生へ一体化 八千草薫さん出席 虫宿作りに50人が汗 長南「森の墓苑」で /千葉

巣箱を作る参加者たち=千葉県長南町で

 長南町の荒れ地をさまざまな生き物が住む森に再生させようと取り組んでいる公益財団法人「日本生態系協会」(東京都豊島区)が26日、同町の自然再生墓地「森の墓苑(ぼえん)」で、「いろいろな生きもののためのすまいづくり」と題したイベントを開いた。

 森の墓苑は約3・6ヘクタールの広さがあり、同協会が土砂採石場跡地を取得して、町から墓地経営の許可を得たうえで、個別墓と合葬墓を提供している。墓地2000区画のうち1割が契約済みで、利用者は墓石の代わりに地域に自生する樹木を植え、約50年かけて周囲の森と一体化させていく。

 この日は、首都圏から家族連れら約50人が参加し、墓地区画以外の場所に、野鳥やコウモリなどのための巣…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです