瀬田川令和大橋

未来へつなぐ橋開通 渡り初め 大津 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
供用開始を前に歩いて瀬田川令和大橋を渡る地元住民ら=大津市南郷6で、礒野健一撮影
供用開始を前に歩いて瀬田川令和大橋を渡る地元住民ら=大津市南郷6で、礒野健一撮影

 大津から甲賀などを通って三重県紀北町までをつなぐ国道422号の「瀬田川令和大橋」が26日、開通した。国道の橋としては初めて「令和」と名付けられ、地元住人ら約200人が「渡り初め」をして完成を喜んだ。

 瀬田川令和大橋は、瀬田川と大戸川の合流地点のすぐ南に位置し、大津市南郷と同市太子を結ぶ全長176メートル、全幅19メートルのアーチ橋。片側一車線で歩道も備え、2…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

あわせて読みたい

注目の特集