メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康寿命日本一へ

奈良県の挑戦/20止 医療と福祉、垣根どこまで 運動教室、介護予防に成果 /奈良

ストレッチをする健康運動教室の参加者たち=奈良市西大寺赤田町1の平和会吉田病院で、高村洋一撮影

 奈良市の社会医療法人「平和会」が提唱した「健康運動教室」が同市などで開かれ、介護予防などに成果を上げている。関連する市民団体の主催にしたのは法人の実施できる事業には制約があるためだ。経費的に運営は厳しい。「市の裁量で実施できる保健福祉事業に認めてもらえば、法人が主催できるようになり、経費面も含めて教室は改善・発展する」。同会は奈良市にそう要請している。市は「介護予防の教室は同様の内容で地域支援事業として実施しており、現状で問題はない」との立場。県民の健康長寿を願い、制度的な課題について考えた。【高村洋一】

 「平和会健康友の会」が主催する吉田病院(奈良市)の教室を見学した。専門家の評価が高い「じきんじゅば…

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1597文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです