メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長評論

山口 「山口走り」はある /山口

 5月1日に山口支局に赴任する前、支局員を経験したことのある同僚から「山口は道がいいのでドライブが楽しい」と聞いていた。いざ来てみるとその通り。一般道でも片側2車線は珍しくなく、長い山道も登坂車線でスイスイと走れる。

 ただ、慢性渋滞の東京では経験しなかった「ヒヤリ」もある。2車線の直線道路で中央分離帯の切れ目から右折車が飛び出したり、トラックが2車線をまたいで右折待ちしていたりする。道路が立派でスピードも速く、周囲からの合流などで無理が生じるのだろう。

 園児2人が死亡した大津市の交通事故を機に、地域の道路特性や交通マナーに関心が高まっている。本紙は東…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです