メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改元

なぜ報道は「お祭り騒ぎ」に? 識者3氏インタビュー

=山根浩二撮影

 新元号「令和」の発表から5月1日の改元まで、世間は祝賀ムードに沸いた。皇位継承は確かに慶事ではあるのだが、ニュースを思い返せば“お祭り騒ぎ”の場面ばかりが浮かぶ。一連の改元を巡る報道をテレビ、政治、メディアリテラシーの専門家はどう読み解くのか。3氏に聞いた。【まとめ・山根浩二】

右派の批判、恐れ過ぎか 水島宏明・上智大教授

 テレビは「はしゃぎすぎ」だった。10連休の真っただ中のうえ、昭和から平成のように天皇の逝去に伴う改…

この記事は有料記事です。

残り2731文字(全文2943文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです