メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

雇い止め防ぐ法整備必要=会社員・永作肇・43

 (東京都足立区)

 8日の本紙(東京本社発行版)に、東京都の私立安田学園中学・高校で、5年雇ったら無期雇用にしなければいけない無期転換ルールを免れるため、非常勤講師男性を勤続5年の1日前に雇い止めしたという記事が載っていた。あまりのひどさにがくぜんとした。人件費を安く済ませようという経営方針が見えたようで、何ともやり切れない。

 無期転換ルールは本来であれば、働く人を守る目的で作られたが、逆に解雇を誘発してしまっている。学校法人による雇い止めは今回の安田学園にとどまらず、他でも散見される。教員に限らず非正規雇用者が雇い止めに遭えば収入が断たれ、生活が立ち行かなくなってしまう。

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. 京都縦貫道沓掛IC付近で土砂崩れ 3台巻き込まれ、2人軽傷

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです