メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SDGs・持続可能な未来へ

/4 SMBC日興証券 障害者の就労バックアップ

仲間の活動報告を聞くSMBC日興証券の障害者アスリートら=東京都中央区で、野島康祐撮影

 「すべての役社員は多様性を尊重し」「一切の差別・ハラスメント行為をしてはならない」。SMBC日興証券は2009年、こうした行動規範を策定した。人間の多様性を尊重し、すべての人が平等に生きる「ノーマライゼーション」の推進宣言は、業界で先進的な取り組みだった。

 東京・日本橋にある同社の会議室に先月、国内トップレベルの障害者アスリート14人が集まった。いずれも同社の正社員。どんな競技成績を残せたか、互いに報告し合った。

 「この前のレースはベストタイムとかけ離れた結果で、走りに乱れがあると指摘されました」。デフ陸上の選手、森光佑矢さん(23)が悔しげにそう振り返ると、応援の拍手が送られた。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟、日本資産の現金化は「望ましくない」  韓国大統領

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです