メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
教育の窓

子どもの気持ち 復興へ歩む杷木小学校/5止 花咲け、黄色の希望

花壇にヒマワリの種をまく合原莉愛さん(左から2人目)ら杷木小の子どもたち

 <kyoiku no mado>

 今月12日の日曜日。福岡県朝倉市の市立杷木(はき)小学校に隣接する市立杷木中学校の花壇には、午前中から夏を思わせる日差しが降り注いでいた。早咲きのヒマワリの種約800粒をまこうと、両校の子どもたちが集まった。九州北部豪雨から2年となる7月5日ごろに花壇を黄色い大輪の花でいっぱいにしようというプロジェクトが始まろうとしていた。

 企画したのは杷木中PTA会長の後藤達也さん(49)。昨春、地域の4小学校を統合する形で杷木小が隣に…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1078文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  2. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. 鳥獣被害に立ち向かう漫画「罠ガール」が話題 イノシシ相手に女子高生が奮闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです