メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

御嶽海、意地の寄り

優勝した朝乃山(左)を攻める御嶽海。寄り切りで勝利した=小川昌宏撮影

千秋楽(26日・両国国技館)

 すでに初優勝を決めている朝乃山は小結・御嶽海に寄り切られ、12勝3敗で場所を終えた。横綱・鶴竜は大関・豪栄道を退けて11勝。14日目に大関復帰を決めた栃ノ心は大関・高安に敗れ、5敗目。三賞は、朝乃山が殊勲、敢闘両賞を獲得。ほかに、敢闘賞に阿炎と新入幕の志摩ノ海。技能賞は竜電が獲得した。

この記事は有料記事です。

残り1679文字(全文1837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  5. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです