東京六大学野球

春季リーグ 明大、5季ぶり優勝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
優勝を喜ぶ明大の選手たち=吉田航太撮影
優勝を喜ぶ明大の選手たち=吉田航太撮影

 26日、第7週の2回戦2試合を神宮で行い、明大が5季ぶり40回目の優勝を決めた。明大は序盤の7点差を覆して法大に勝ち、他校が勝ち点、勝率とも上回る可能性がなくなった。明大は6月10日に開幕する全日本大学選手権に出場する。

7点差を逆転

 最大7点差をひっくり返して迎えた九回、明大の主将でエースの森下(4年・大分商)が満を持してマウンドへ。最後の打者を見逃し三振に仕留め、ガッツポーズで喜んだ。

 優勝の原動力はこの右腕だ。チーム打率がリーグ4位と低調の中、森下は先発と抑えで計8試合に登板し、リーグトップの4勝を挙げ、防御率も2位の2・03(いずれも26日終了時点)。大車輪の活躍でチームを支えた。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文634文字)

あわせて読みたい

注目の特集