メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ国際映画祭

韓国・ポン監督、最高賞 アジア映画2年連続

 【カンヌ小林祥晃】フランスで開催された第72回カンヌ国際映画祭で25日(日本時間26日未明)、コンペティション部門の授賞式が行われ、最高賞のパルムドールに韓国のポン・ジュノ監督の「パラサイト」が選ばれた。韓国人監督の作品がパルムドールを受賞するのは初めて。昨年は是枝裕和監督の「万引き家族」がパルムドールを受賞しており、アジア映画が2年連続で最高賞に輝いた。ポン監督は、韓国映画界の「鬼才」と言われ、「オクジャ」(2017年)などの作品で知られる。

 今回の受賞作の「パラサイト」は、誰も働いていない一家の長男が、裕福な家の家庭教師として働き始めたことから巻き起こる騒動を描く。コメディータッチだが、背景に格差社会など社会的な要素も盛り込まれている。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです