メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中道右派・左派過半数割れの見通し 欧州議会選

欧州議会改選後の勢力図

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)の欧州議会選挙(定数751)は26日夜に28加盟国で投票が終了し、開票が始まった。議会事務局が27日午後0時(日本時間午後7時)過ぎに発表した議席予測によると、議会で大連立を組む中道右派・左派の2大会派が過半数を割る見通し。EU統合を推進した2大会派が過半数を失うのは1979年の選挙開始から初めてで、欧州政治の本流だった既成政党の衰退が加速している。

 一方、移民排斥などを掲げるEU懐疑派は党勢を拡大したが、2大会派以外で親EUのリベラル系会派である欧州自由民主連盟や、環境政党の緑の党も躍進。全体では親EU派は選挙前同様、約3分の2を維持する。勢力が分散した会派間の連携が今後の議会運営の鍵を握る。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoTo延期「全く考えず」 菅長官「感染防止と経済活動の両立が大事」

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです