メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「8年越しの花嫁」の難病

続・死亡率7%の壁(2)「特効薬」投与を開始、劇的な回復で生還

 「抗NMDA受容体脳炎」を発症し、防衛医科大学校病院に入院した石黒宏美さん(42)の治療に当たった海田賢一医師をトップとする医療チームは、抗がん剤や免疫抑制剤として使われる「特別な薬」を用いた第2段階(セカンドライン)治療の検討に入った。ステロイドパルス療法やガンマグロブリンの大量投与などによる第1段階(ファーストライン)治療で効果が得られなかった場合に備えてのことだった。特別な薬とは、この難病の発症メカニズムを発見したスペインのダルマウ医師らがファーストライン治療の効果が上がらなければ、投薬を推奨している「リツキシマブ」である。

 リツキシマブは、日本国内では血液のがんなどの治療で承認、保険適用されているが、この脳炎の治療には「…

この記事は有料記事です。

残り1926文字(全文2245文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです