メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥獣被害、ドローンで効率よく調査 神奈川県が先行的取り組み

24日の調査で飛行するドローン=神奈川県提供

 農作物の鳥獣被害対策に小型無人機「ドローン」を活用する取り組みが神奈川県内で進んでいる。被害状況の確認を短時間で行うことができるのが特徴で、県は2017年から導入。農林水産省が「先行的」と評価する取り組みは関係者の評判も上々で、県外での関心も高まっている。

 県は24日、秦野市平沢小原地区で調査を実施した。計約30ヘクタールの土地を、約60~80メートル上空からドローンで撮影する。後日、撮影した画像をつなぎ合わせ地域住民らと分析することで、有害鳥獣の現状を確認する。

 シカやイノシシなどによる農作物の被害は、全国で深刻な問題となっている。農水省によると、17年度の全国の被害額は約164億円にのぼる。県内での被害額も1億~2億円程度で推移しており、17年度は2億1200万円だった。鳥獣別では、ヒヨドリ4400万円▽イノシシ3800万円▽シカ3700万円――などと続く。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 鉄パイプ落下 男性死亡 歩行中、頭に刺さる 東京・六本木

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです