メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大

2015年8月に山口市内で撮影されたツキノワグマ=山口県農林総合技術センター提供

 クマの出没が山口県内で相次いでいる。県自然保護課によると、県東部を中心に今年度の目撃件数(24日現在)は前年同期比約1.5倍の57件に達し、ツキノワグマ6頭を捕獲、5頭を殺処分した。件数は近年増加傾向にあり、過疎高齢化による地域の衰退で、クマの進出地域が広がっていることなどが背景にあるとみられる。県は人とクマが接触しない環境づくりに取り組んでいるが、整備が追いつかず苦慮している。【平塚裕介】

 12日午後8時ごろ、岩国市周東町祖生の60代女性は、自宅の玄関に覆いかぶさる体長約1メートルのクマ…

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです