メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大

2015年8月に山口市内で撮影されたツキノワグマ=山口県農林総合技術センター提供

 クマの出没が山口県内で相次いでいる。県自然保護課によると、県東部を中心に今年度の目撃件数(24日現在)は前年同期比約1.5倍の57件に達し、ツキノワグマ6頭を捕獲、5頭を殺処分した。件数は近年増加傾向にあり、過疎高齢化による地域の衰退で、クマの進出地域が広がっていることなどが背景にあるとみられる。県は人とクマが接触しない環境づくりに取り組んでいるが、整備が追いつかず苦慮している。【平塚裕介】

 12日午後8時ごろ、岩国市周東町祖生の60代女性は、自宅の玄関に覆いかぶさる体長約1メートルのクマを見つけた。「黒い塊が扉を引っかいていて、目が合ってクマだと分かった。こんなことは今までなかった」と振り返る。出没した地域の小学校では登下校時に教員や保護者が付き添うなど、市民生活に影響が出ている。岩国市によると、今年度の市内での目撃件数(24日現在)は39件で、例年同期の約4倍に上るという。

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです