メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪

無法ドローン横行 個人利用増加、「規制」知らぬ外国人… 

首相官邸に落下した小型無人機「ドローン」(左下)をブルーシートで覆って調べる捜査員ら=東京都千代田区で2015年4月22日午後1時35分、望月亮一撮影

 小型無人機「ドローン」のルールを守らない飛行の摘発や事故が増えている。飛行禁止区域と知らずに趣味で飛ばす個人ユーザーが多い一方、悪質なケースもある。国会で規制を強化する航空法改正案が審議中で、安全対策はまだ道半ばだ。摘発も増えており、警視庁は27日、1人を逮捕、3人を書類送検したと発表した。

 天皇陛下の代替わりに伴い警備が強化されていた2日夜、警視庁の機動隊員が皇居周辺でドローンのような飛行物体を目撃した。周辺では6日夜にも飛行物体が目撃されたが、ドローンかどうかは確認されておらず、操縦者も見つかっていない。

 警察庁によると、無許可でドローンを飛ばしたなど航空法違反容疑での摘発件数は、2016年=36件(3…

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1308文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです