「被爆地は強い怒り」 米臨界前核実験に抗議文 長崎市長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
長崎市の田上富久市長=釣田祐喜撮影
長崎市の田上富久市長=釣田祐喜撮影

 米国の核研究機関が、核爆発を伴わない臨界前核実験を米国西部ネバダ州の施設で2月に実施したと発表したことを受け、長崎市の田上富久市長は27日、「核開発競争を助長し、被爆地は強い怒りを感じる」とするトランプ米大統領宛ての抗議文を在日米大使館へ送った。

 実験はベトナムで開かれた2回目の米朝首脳会談の直前…

この記事は有料記事です。

残り91文字(全文241文字)

あわせて読みたい

注目の特集