平和監視時計リセット 米臨界前核実験で 「これで最後に」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
直前の核実験からの日数を刻む「地球平和監視時計」をリセットする原爆資料館の滝川卓男館長=広島市中区の原爆資料館で2019年5月27日午後3時3分、寺岡俊撮影
直前の核実験からの日数を刻む「地球平和監視時計」をリセットする原爆資料館の滝川卓男館長=広島市中区の原爆資料館で2019年5月27日午後3時3分、寺岡俊撮影

 米国が今年2月に臨界前核実験を実施していたことを受け、広島市の原爆資料館は27日、直前の核実験からの日数を刻む「地球平和監視時計」を「530」から「103」にリセットした。時計を操作した滝川卓男館長は「これがリセットボタンを押す最後になるように、核兵器廃絶を世界に発信し続けたい」と語った。

 数字のリセットはトランプ政権で初めての…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文338文字)

あわせて読みたい

注目の特集