メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

山口那津男氏/下 「三月の空を見上げて」 離島暮らしの「誇り」、児童文学者の「反戦」

八丈小島の写真を示しながら話す公明党の山口那津男代表=東京都千代田区で、竹内紀臣撮影

ロングバージョン

 この本は児童文学作家の漆原智良さんの自伝だ。漆原さんと出会ったのは、2001年に参院議員に初当選した後だ。伊豆諸島の無人島・八丈小島の野生化したヤギの問題がきっかけだった。

 この島は、八丈本島の西4キロにある絶海の孤島で、平地がほぼない。以前は人が住んでいたが、高度成長期に働き盛りが島外に出て生活の維持が困難になり、1969年に91人の全島民が離島した。

 その際に家畜のヤギ約10頭が残され、00年ごろには数百頭に増えた。島の植生が荒れて土砂が海に流出し…

この記事は有料記事です。

残り1644文字(全文1881文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火
  5. なぜ暴言を繰り返す物議男が英首相になるのか ジョンソン氏を読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです