メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
プレスリリース

2019年ボロブドゥールマラソン、ランニングを通じて相乗効果と調和を創出(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

2019年ボロブドゥールマラソン、ランニングを通じて相乗効果と調和を創出

AsiaNet 78910 (0934)


【ジャカルタ(インドネシア)2019年5月24日PR Newswire=共同通信JBN】インドネシアの有力紙コンパス(Kompas Daily)は、Central Java regional bank、Bank Jateng、中ジャワ州政府とともに、2019年11月17日に中ジャワ州マグランのボロブドゥール寺院のLumbini Park Complexで開催されるボロブドゥールマラソン(Borobudur Marathon 2019)を再び主催する。

Photo https://photos.prnasia.com/prnh/20190524/2477324-1

ボロブドゥール寺院は長く世界遺産となっており、何百万人もの人々が毎年、この世界最大の仏教寺院を訪れている。同寺院を取り囲むマグラン市は、温かいジャワ島人のホスピタリティーと同じように美しい。ボロブドゥール寺院は最新の道具を使わずに建設されたが、平和と調和の象徴として時代の試練に耐えてきた。

2019年ボロブドゥールマラソンは、ランニングを通じてマグランを体験し、ジャワの文化を祝うためのユニークな体験を提供する。それはまた、長年にわたって地方経済に発展をもたらしてきた。今年のレースのテーマは相乗効果と調和である。これは、相乗効果を創出し、調和を探り出すため、共に隣り合って暮らすことによって全ての人を気遣うジャワの地方文化からインスピレーションを受けている。

昨年のボロブドゥールマラソンのイベントについて、ジュディ氏は「沿道で声援を送る地元の人たちは私たちにエネルギーを与えた。私は走っている間、疲れを感じることなく、存分にそれを楽しみ、ゴールまで集中することができた。太陽が降り注ぐ天候にもかかわらず、声援を送る地元の人たちは信じられないほど素晴らしい」と語った。

2019年ボロブドゥールマラソンのバロット(候補者名簿)登録は2019年5月1日に始まり、2019年5月31日午後11時59分(ジャカルタ時間)に締め切られ、ランナーはborobudurmarathon.comで登録することができる。2019年ボロブドゥールマラソンは、インドネシアと世界のランナーが参加できる。

イグング・プトゥ氏は、ボロブドゥールマラソンを忘れられないイベントにしているものについて「伝統的な踊りと歌に熱中する地元の人たち。忘れてならないのは、地元の人たちからの温かいお茶、お菓子、裏庭で獲れた果物のようなおもてなしである。彼らへの感謝は終わることがなく、私はそれによって完走することができた」と語った。

ランナーはまた、公式旅行代理店およびFast Runners Qualifyingを通じて2019年ボロブドゥールマラソンの登録をすることができる。Fast Runners Qualifyingにより、公認のフィニッシュタイムを持つランナーは2019年ボロブドゥールマラソンでの自分の出場枠を確保することができる。Fast Runners Qualifyingの登録は既に2019年5月15日に締め切られ、その結果は2019年5月19-20日に発表された。しかし、関心のあるランナーはまだ、2019年5月31日に締め切られるバロットを通じて申し込むことができる。

*競技会の名称:2019年ボロブドゥールマラソン(Borobudur Marathon 2019)
*競技会の標語:相乗効果と調和-多様性の中を走る-(Synergy and Harmony--Run in Diversity--)

ソース:PT Kompas Media Nusantara

画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=336942


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです