メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

佐藤琢磨10回目のインディ500は「納得の」3位フィニッシュ!

情報提供:カートップ

佐藤琢磨10回目のインディ500は「納得の」3位フィニッシュ!

優勝目前でクラッシュした2012年よりも仕上がりはいい

 琢磨にとって記念すべき10回目のインディー500を迎えた。

 最終プラクティスの前日、琢磨に直接たずねてみた……。「今日ここまでの仕上がりは過去10年で何番目にランクされますか?」琢磨は目を見て力強く即答した。「2番目です」。

「(優勝した)あの2017年は究極の仕上がり。毎日が確認作業の連続だけでした。(優勝争いのあと、クラッシュした)2012年はカーブデイで大混乱を起こして、日曜日にはやったことのないコンセプトを捨て身でしてみたんですよ。そして日曜日が歴史的に暑い日になってすべてが(上手く)ひっくり返ったんです」。

「確かに2012年のレース・デイのクルマは速かったです。でも、あまりにもナイフ・エッジというか綱渡りのようなドライビングが要求されるものになってしまったんです。それに比べたら今のマシンのほうがドライバビリティというかトラフィックの中での動きが緩やかで良いです」。

インディ500

 その言葉のとおり、翌日のカーブ・デイ(最終練習日)で琢磨は3番手のスピードを記録した。カーブ・デイは予選を終えたマシンを再び決勝モードのセッティングに戻し、トラフィックのなかでの動きを確認するのが最大の目的だ。ドラフティングを使い合うだけにそのスピード・ランクは一概にアテには出来ない。

 しかし、琢磨の言葉を借りれば「トップ5にいられれば、クルマが良い方向に向かっているのは間違いない」とうことになる。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです