特集

キャンパる

学生記者がキャンパスのみならず、街へ、企業へと縦横無尽に取材。学生ならではの発見をリポートします。

特集一覧

キャンパる

新人記者 今、思うこと/下

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

「頑張る自分」に一歩ずつ

 昔から運動が好きだ。中学の頃に軟式テニスを始め、高校でも続けた。しかし、大学には軟式テニスサークルがなかった。代わりに硬式テニスやバドミントンといった、似ているラケット競技サークルに入部した。

 しかし、軟式テニスをやりたい。そんな気持ちが募ってくる。ユーチューブで軟式テニスの動画を見る度に、うらやましいと感じる。そこで、家の近くで軟式テニスをやっている市民サークルなどを探してみるが、初めて行くところなので勇気が持てない。優柔不断な自分に嫌気がさす。

 そのような心境のさなか、ある人に「一番頑張ったことは何?」と質問される。「中学校の部活」と答えたが、相手は「今は?」と聞いてきた。答えられなかった。現在頑張れていない証拠だ。

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1226文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集