メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンドに迫る

映画料金値上げへ 差別化図る設備、経営圧迫

料金改定を知らせる映画館内の掲示板=東京都新宿区の「新宿ピカデリー」で

 大手シネコン各社が、6月1日から映画館の入場料金やシニア割引などのサービス料金を値上げする。各社はそれぞれ100円の値上げに踏み切る方針で、日本映画製作者連盟(映連)によると、一般料金の料金改定は1993年以来26年ぶりという。各社は消費増税の際も料金を据え置いてきたが、なぜこの時期に値上げに踏み切るのか。その理由などを探った。

 東宝系のTOHOシネマズは、一般料金を1800円から1900円にする。また、60歳以上のシニア割引や毎週水曜日の女性限定料金レディースデイなどの各種サービス料金を100円値上げする。「109シネマズ」などを運営する東急レクリエーションもほぼ同様の料金改定を行う。

この記事は有料記事です。

残り2217文字(全文2515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです