メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
濃い味、うす味、街のあじ。

新陳代謝する「鯉川山手」

 JR元町駅(神戸市中央区)のすぐ東を通る鯉川筋。南には大丸、北へは山手幹線から突き当たりにある「海外移住と文化の交流センター(旧神戸移住センター)」への坂道だ。

 この鯉川筋は山手への一方通行。中山手通4の交差点までは3車線の広い道路で、両側の歩道は広く、歩きやすい。すぐ東にあるトアロードは浜手への一方通行で、その間のエリアが通称「トアウエスト」と呼ばれ、1990年ごろからカフェやレストラン、ブティックが自然発生的に「ごちゃっと」集まった、ストリート感覚あふれるエリアだ。

 ここ数年、トアウエストから鯉川筋にはみ出るように、新しい店が増え始めている。古いタイプの喫茶店がワ…

この記事は有料記事です。

残り1631文字(全文1919文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです