メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アサギマダラ

良い旅を 由良川小生ら観察会 舞鶴・神崎海水浴場 /京都

「捕まえたよ」とアサギマダラを見せる由良川小の児童=京都府舞鶴市の神崎海水浴場で、行方一男撮影

 海を渡るチョウ「アサギマダラ」が飛来する舞鶴市の神崎海水浴場で27日、市立由良川小1、2年生16人がアサギマダラの観察会を行った。2000キロも旅をする貴重なチョウの飛来地となっていることを、地元の児童たちに知ってもらおうと「舞鶴アサギマダラ蝶の会」を主宰する村上貴是さんらが企画。児童たちは村上さんの指導を受けながらアサギマダラを捕獲し、羽にマーキングしたあと一斉に放して旅の無事を願った。

 同会によると、アサギマダラはこの時期、涼しいところを目指して北上し、主に海岸の砂浜に生育するスナビキソウに寄ってくるという。スナビキソウに含まれるアルカロイドを取り組むことで毒化して敵から身を守るほか、オスはメスをひき付けるため必要不可欠な成分なため、スナビキソウの匂いにつられて来るとみられる。

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです