メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
漆黒を照らす

/78 IS戦闘員のインドネシア人妻 宣伝映像にだまされた /大阪

「ISにだまされたと気づいた時は遅かった」と語るインドネシア出身の女性=シリア北東部で2018年10月、玉本英子さん撮影

 シリアやイラクにまたがる地域を支配した過激派組織「イスラム国」(IS)。シリア民主軍(SDF)と米軍主導の有志連合の壊滅作戦で、今年3月末にはシリア国内の支配地域をほぼ失った。SDFに捕まった戦闘員は厳重な拘置施設に送られ、妻や子供たちはキャンプに収容される。

 シリア北東部のロジ・キャンプは、一面に数百もの白いテントが広がる。ここにはIS外国人戦闘員の妻と子供たちがいる。女性看守の案内で、テントのひとつに入った。5人が共同で使い、ベルギー人、ベトナム系フランス人と国籍もさまざまだ。

 インドネシア人の女性(23)は、本名ではなくIS内部名だったウンム・ヤヒヤと名乗った。「昔はアニメ…

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1343文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです