メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テロ対策合同訓練

かつらぎ署や消防組合、道の駅で /和歌山

訓練で車内の不審者役に職務質問するかつらぎ署員=和歌山県かつらぎ町窪の道の駅「紀の川万葉の里」で、松野和生撮影

 かつらぎ署や伊都消防組合などによるテロ対処合同訓練が24日、道の駅「紀の川万葉の里」(かつらぎ町窪)であった。2020年東京五輪・パラリンピックなどを踏まえ、不特定多数を狙ったテロ発生を想定して約40人が参加した。

 訓練は、道の駅の物産販売所に乗用車が突っ込んで客1人を負傷させ、運転していた不審な…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです