メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選択的夫婦別姓制度

「今治から声上げる」 国会審議求め、青野さん陳情 /愛媛

選択的夫婦別姓制度に関して講演する青野慶久さん(左)=愛媛県今治市で、花澤葵撮影

 選択的夫婦別姓制度を巡り、今治市出身でソフトウエア開発会社「サイボウズ」社長の青野慶久さん(47)が27日、同制度について国会審議を求める意見書を国に提出するよう今治市議会に陳情した。青野さんは「地元で理解を進め、今治から声を上げることで国会を動かしたい」と話す。【花澤葵】

 陳情では、制度を導入することで、男女が改姓による不利益を案ずることなく結婚・出産し、少子化対策の一助になる▽法的根拠のない「旧姓併記」が広がることによる社会の混乱を防ぐ▽生まれ持った氏名でキャリア継続できるため、女性活躍の推進に寄与する--などと主張している。

 陳情に関する今治市議会の運用例によると、議会運営委員会が審査が必要だと判断すれば委員会で審査され、…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1132文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです