メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選択的夫婦別姓制度

「今治から声上げる」 国会審議求め、青野さん陳情 /愛媛

選択的夫婦別姓制度に関して講演する青野慶久さん(左)=愛媛県今治市で、花澤葵撮影

 選択的夫婦別姓制度を巡り、今治市出身でソフトウエア開発会社「サイボウズ」社長の青野慶久さん(47)が27日、同制度について国会審議を求める意見書を国に提出するよう今治市議会に陳情した。青野さんは「地元で理解を進め、今治から声を上げることで国会を動かしたい」と話す。【花澤葵】

 陳情では、制度を導入することで、男女が改姓による不利益を案ずることなく結婚・出産し、少子化対策の一助になる▽法的根拠のない「旧姓併記」が広がることによる社会の混乱を防ぐ▽生まれ持った氏名でキャリア継続できるため、女性活躍の推進に寄与する--などと主張している。

 陳情に関する今治市議会の運用例によると、議会運営委員会が審査が必要だと判断すれば委員会で審査され、…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1132文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 犯人は逃走 大阪・吹田市
  2. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです