メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選択的夫婦別姓制度

「今治から声上げる」 国会審議求め、青野さん陳情 /愛媛

選択的夫婦別姓制度に関して講演する青野慶久さん(左)=愛媛県今治市で、花澤葵撮影

 選択的夫婦別姓制度を巡り、今治市出身でソフトウエア開発会社「サイボウズ」社長の青野慶久さん(47)が27日、同制度について国会審議を求める意見書を国に提出するよう今治市議会に陳情した。青野さんは「地元で理解を進め、今治から声を上げることで国会を動かしたい」と話す。【花澤葵】

 陳情では、制度を導入することで、男女が改姓による不利益を案ずることなく結婚・出産し、少子化対策の一助になる▽法的根拠のない「旧姓併記」が広がることによる社会の混乱を防ぐ▽生まれ持った氏名でキャリア継続できるため、女性活躍の推進に寄与する--などと主張している。

 陳情に関する今治市議会の運用例によると、議会運営委員会が審査が必要だと判断すれば委員会で審査され、本会議で採択、不採択など議会としての見解が出る。6月定例会で審査に入る見通し。

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです