たびもなか

福岡の新土産 文具メーカーと和菓子店が共同開発 福岡空港で期間限定販売 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福岡空港の期間限定店舗などで販売されている「TABIーMONAKA」
福岡空港の期間限定店舗などで販売されている「TABIーMONAKA」

「旅のお供に」形や味、箱を工夫

 福岡発の文具・雑貨メーカー「HIGHTIDE(ハイタイド)」(中央区白金)と宇美八幡宮(宇美町)内にある和菓子店「季(とき)のせ」が共同で開発した福岡の新しい土産「TABI-MONAKA(たびもなか)」が、福岡空港国内線出発ロビー2階などで販売されている。【末永麻裕】

 ハイタイドは1994年の創業。文房具や手帳などのオリジナルブランドを展開し、全国の雑貨店に商品を卸している。2017年に中央区白金に初の店舗「ハイタイドストア」を設け、18年には米ロサンゼルスにも出店した。季のせは父親と息子が営み、和菓子の伝統を大事にしな…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文699文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集