メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

陸上イージス配備「人体影響ない」 秋田・山口、反発なお 受け入れどう判断

イージス・アショア配備後の弾道ミサイル防衛のイメージ

 政府が導入を進める陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、原田憲治副防衛相は27日、秋田県庁で佐竹敬久知事らと会談した。原田氏は「地域住民の健康などに影響はない」との調査結果を報告し、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)を配備先とすることに理解を求めた。28日には、もう一つの配備候補地としている山口県を訪れる。ただ、両県の地元住民の間では「攻撃対象になりかねない」などの反対意見も根強く、知事らの政治判断が注目される。

 防衛省は昨年10月から同演習場で地質調査や自衛隊のレーダーを使った電波環境調査などを行ってきた。特…

この記事は有料記事です。

残り1807文字(全文2075文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  4. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  5. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです