連載

焦点

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

焦点

陸上イージス配備「人体影響ない」 秋田・山口、反発なお 受け入れどう判断

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
イージス・アショア配備後の弾道ミサイル防衛のイメージ
イージス・アショア配備後の弾道ミサイル防衛のイメージ

 政府が導入を進める陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、原田憲治副防衛相は27日、秋田県庁で佐竹敬久知事らと会談した。原田氏は「地域住民の健康などに影響はない」との調査結果を報告し、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)を配備先とすることに理解を求めた。28日には、もう一つの配備候補地としている山口県を訪れる。ただ、両県の地元住民の間では「攻撃対象になりかねない」などの反対意見も根強く、知事らの政治判断が注目される。

 防衛省は昨年10月から同演習場で地質調査や自衛隊のレーダーを使った電波環境調査などを行ってきた。特に住民の関心が高かった、アショアのレーダーによる健康被害の有無などについて、同省は調査結果で「レーダーから230メートル以遠は安全で、周囲への電波吸収体の設置で安全性に万全を期す。人体に影響を与えることはない」と結論づけた。会談で原田氏は「新屋演習場にイージス・アショアを安全に配備・運用できると考え…

この記事は有料記事です。

残り1657文字(全文2075文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集