メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

高等教育無償化、目的は? 低所得層の進学支援 中間層に不公平感も=回答・水戸健一

高等教育における年収ごとの授業料減免額

 なるほドリ 大学の学費を無償(むしょう)化する法律が10日に成立したね。タダで大学に通えるようになるのかな?

 記者 いいえ、世帯の年収制限(ねんしゅうせいげん)があります。対象は年収270万円未満の住民税非課税世帯(じゅうみんぜいひかぜいせたい)で、両親と大学生本人、中学生の4人家族の場合、国立大の入学金28万円と年間授業料(じゅぎょうりょう)54万円が原則、免除(めんじょ)されます。私立大だと年間授業料は70万円が減免(げんめん)されます。また、返済不要の給付型(きゅうふがた)奨学金(しょうがくきん)も受けられます。年収が380万円未満の世帯も収入に応じた支援があります。新制度は2020年4…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文753文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです