日米首脳会談

与党「強固な同盟確認」/野党「8月の妥結問題」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 27日の日米首脳会談に対し、与党側から「日米同盟の強固さを確認できた」と歓迎する声が上がった。一方、野党は、日米貿易協定を巡りトランプ米大統領が8月の妥結に期待感を示したことを問題視。安倍晋三首相を追及するため、衆参両院の予算委員会開催を求めている。【竹内望、東久保逸夫】

 首脳会談を終えた首相は自民党役員会に出席。日米首脳会談について「北朝鮮をはじめとする世界が直面する問題、日米経済など突っ込んだ議論をした」と説明した。役員会後、二階俊博幹事長は記者会見で「安倍外交の成功を内外にアピールできた」と強調。貿易交渉については「成功に終わっていると思う。今後のことは、しっかり注視していく」と述べるにとどめた。

 公明党の斉藤鉄夫幹事長も記者会見で、貿易交渉に関し「日米の経済にとってウィンウィン(双方に利益)となる形で協議を進めていくことが確認された」と評価。批判のある首相の「おもてなし」については「外交は首脳同士の信頼関係が根底にあって初めて進む。日本文化を見てもらうのも日米関係を堅固にする意味で大きい」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文869文字)

あわせて読みたい

ニュース特集