メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

第3部 天安門事件30年/中 「変革」に共感、続く系譜

北京の天安門広場で開かれる中国軍の儀仗兵による国旗掲揚式=2019年1月、国営新華社通信

 北京の天安門広場は、毎日夜明け前から多数の観光客が列をなす。目当ては、中国軍儀仗(ぎじょう)兵による早朝の国旗掲揚式だ。「五星紅旗」と呼ばれる真っ赤な旗がはためくと、見物客の拍手と国歌の合唱がひときわ大きくなる。

 30年前、広場には全く異なる光景が広がっていた。学生の民主化運動が軍に武力鎮圧されて319人(当局発表)が死亡した天安門事件だ。兵士の発砲、首都を走る戦車、血を流す学生らの姿に、世界が衝撃を受けた。

 今の北京に、事件の痕跡は見当たらない。国内ではインターネットを含め厳しく情報統制され、学校やメディ…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです