メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

第3部 天安門事件30年/中 「変革」に共感、続く系譜

北京の天安門広場で開かれる中国軍の儀仗兵による国旗掲揚式=2019年1月、国営新華社通信

 北京の天安門広場は、毎日夜明け前から多数の観光客が列をなす。目当ては、中国軍儀仗(ぎじょう)兵による早朝の国旗掲揚式だ。「五星紅旗」と呼ばれる真っ赤な旗がはためくと、見物客の拍手と国歌の合唱がひときわ大きくなる。

 30年前、広場には全く異なる光景が広がっていた。学生の民主化運動が軍に武力鎮圧されて319人(当局発表)が死亡した天安門事件だ。兵士の発砲、首都を走る戦車、血を流す学生らの姿に、世界が衝撃を受けた。

 今の北京に、事件の痕跡は見当たらない。国内ではインターネットを含め厳しく情報統制され、学校やメディ…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1457文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に
  5. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです