シャープ

「拠点中国外に」 貿易戦争対応 コピー機、パソコン生産

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
戴正呉社長
戴正呉社長

 シャープの戴正呉会長兼社長は27日、毎日新聞などの取材に応じ、中国内で生産して米国へ輸出している製品について、米国による追加関税の対象になれば生産拠点をアジアの他国などに移す方針を明らかにした。米中貿易戦争の影響を抑えるためで、コピー機、パソコン、大型ディスプレーが対象となる。

 移転先はコピー機はタイ、パソコンは台湾やベトナム、大型ディスプレーはメキシコで調整しており、…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

あわせて読みたい

注目の特集