メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

住宅被災、補修契約慎重に

大阪北部地震に絡む電話相談に応じる弁護士=2018年6月(大阪弁護士会提供)

 毎年のように各地で発生する地震や豪雨などの自然災害被害。住宅が被災すると、その後の補修や保険請求でトラブルになることもある。関西の弁護士たちが、こうした事例と対処法をまとめた。どんな点に気をつければいいだろう?

 弁護士や建築士らでつくる「欠陥住宅関西ネット」が3月、大阪市内でシンポジウムを開いた。大阪弁護士会所属の弁護士が昨年6月の大阪北部地震に絡んで受けた約1750件の電話相談の内容などを紹介しながら、メンバーらは「甘い話に乗らないでください」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り1365文字(全文1596文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 青春がしたかった いじめ対策の課題/上 「大丈夫」と去った息子 母「誰も自殺見抜けぬ」 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです