メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

住宅被災、補修契約慎重に

大阪北部地震に絡む電話相談に応じる弁護士=2018年6月(大阪弁護士会提供)

 毎年のように各地で発生する地震や豪雨などの自然災害被害。住宅が被災すると、その後の補修や保険請求でトラブルになることもある。関西の弁護士たちが、こうした事例と対処法をまとめた。どんな点に気をつければいいだろう?

 弁護士や建築士らでつくる「欠陥住宅関西ネット」が3月、大阪市内でシンポジウムを開いた。大阪弁護士会所属の弁護士が昨年6月の大阪北部地震に絡んで受けた約1750件の電話相談の内容などを紹介しながら、メンバーらは「甘い話に乗らないでください」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り1365文字(全文1596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 阪神大震災25年 父を失った。でも出会った人がいる 尼崎市の小島汀さん、竹灯籠に「結婚したで」

  4. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  5. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです