メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 違憲性どう判断 きょう仙台地裁判決 「除斥」も争点

仙台訴訟の争点

 障害者らに不妊手術を強制した旧優生保護法について、司法による初めての憲法判断が示される--。被害者の宮城県の60代と70代の女性2人が「性と生殖に関する権利(リプロダクティブライツ)」を保障する憲法13条などに反するとして、計7150万円の支払いを求めた国家賠償請求訴訟の判決が28日、仙台地裁で言い渡される。不法行為から20年で損害賠償請求権がなくなる「除斥期間」をどう判断するのかも大きな焦点だ。

 昨年1月に60代女性が提訴して以降、全国7地裁で20人が係争中の国賠訴訟のうち判決は初めて。中島基至裁判長は昨年6月の弁論で「憲法判断を回避する予定はない」と異例の予告。旧法下の人権侵害の違法性も問われることになった。

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです