メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加曽利貝塚にもあった巻き貝「イボキサゴ」東京湾奥で半世紀ぶり復活

イボキサゴを手にする「三番瀬フォーラム」の清積庸介事務局長=千葉県市川市で、町野幸撮影

 千葉県船橋、市川両市沖に広がる干潟「三番瀬」で、埋め立てや水質悪化などによってほとんどみられなくなっていた巻き貝「イボキサゴ」が生息、繁殖しているのが半世紀ぶりに確認された。三番瀬で観察会や情報発信している市民グループは「干潟の水質改善が進んでいるとみられる」と話している。【町野幸】

 イボキサゴは直径2センチほどの巻き貝で、プランクトンを食べて生きている。千葉市若葉区にある加曽利貝塚から貝殻が多く見つかっており、縄文時代の人々の貴重な食糧だった。だが、1970年代までに進められた干潟の埋め立て事業により、…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです