メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東証、一時1000円超安 新型コロナ感染拡大懸念

加曽利貝塚にもあった巻き貝「イボキサゴ」東京湾奥で半世紀ぶり復活

イボキサゴを手にする「三番瀬フォーラム」の清積庸介事務局長=千葉県市川市で、町野幸撮影

 千葉県船橋、市川両市沖に広がる干潟「三番瀬」で、埋め立てや水質悪化などによってほとんどみられなくなっていた巻き貝「イボキサゴ」が生息、繁殖しているのが半世紀ぶりに確認された。三番瀬で観察会や情報発信している市民グループは「干潟の水質改善が進んでいるとみられる」と話している。【町野幸】

 イボキサゴは直径2センチほどの巻き貝で、プランクトンを食べて生きている。千葉市若葉区にある加曽利貝塚から貝殻が多く見つかっており、縄文時代の人々の貴重な食糧だった。だが、1970年代までに進められた干潟の埋め立て事業により、…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです